子ども 吃音

子どもの吃音(どもり)治療について

一般的に、子どもの吃音(どもり)のほうが治りやすいと言われています。

 

特別な治療を行わなくても、
いつの間にか、吃音が治っているという報告もあるので、
そんなに深刻に悩む必要もないでしょう。

 

唯、大人になってからも吃音で悩み続ける人がいるのも事実です。

 

深刻になりすぎて、子どもにプレッシャーをかけてしまうと、
余計に治りづらくなりやすいようです。

 

とはいえ放置してしまうのも、問題でしょう。
子どもとの接し方を変えることで、吃音が改善したという報告も出ています。

 

次の記事で、そのなかでも実践しやすいものを1つ紹介したいと思います。

 

子どもの吃音改善例

今回、ご紹介する吃音改善に成功した体験談は、
子どもとのコミュニケーションを大切にすることにより、吃音を克服させたという内容です。

 

実はその母親自身も吃音に悩んでいたといいます。
そしてその子ども(幼児)も、吃音が出るようになったそうです。

 

その時、そのお母さんは子どもと、丁寧に心を込めて会話をするように意識しました。

 

子どもから話しかけられた時は、しっかりと聞いてあげて、
自分が話す時は、子どものペースに合わせて話すことを心掛けました。
その結果、しばらくすると子どもは吃音が全くなくなり、非常に滑らかに話すようになったそうです。

 

この治療のポイントは、話す本人が話しやすくなる環境作りを行ったところです。
子どもの話を最後まで聞いてあげる、そして返事はゆっくり、しっかりとしてあげることが重要です。

 

PR:【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラムを実践してみませんか?