どもり治療法

 

どもりの治療法はその原因により変化します。
それぞれの原因を突き止めて、治療していくことが重要です。

 

どもり(吃音)の原因には、様々なものがあります。

 

たとえば身近な人で吃音の人がいるとその影響により、
どもってしまうケースがあります。
他には聴覚に障害があり、自分や他人の音声を正しく認識出きないために吃音になることもあります。

 

一番多いのは、プレッシャーやストレス、トラウマなどといった精神的な要因によるものです。

 

これ以外にもイロイロな原因があると言われており、
吃音の原因やは完全には解明されておりません。

 

とはいえ、前述したとおり、精神的な要因によってどもりを引き起こすという人が割合的には一番多いでしょう。
緊張してどもった経験のある人は、
どもることの恐怖から緊張してしまい、再びどもってしまう事があります。
このように負のスパイラルに陥ってしまい、より重度のどもり(吃音)となってしまうケースは少なくありません。

 

一般的などもりの治療法としては、
薬による治療、トレーニングによる治療、呼吸法による治療、ツボによる治療、催眠療法による治療などがあります。
薬による治療というと、身体的な要因を緩和するように感じるかも知れませんが、
実はどもり治療に処方される薬は、うつ症状に処方される薬と同じものです。

 

また、トレーニングや呼吸法、ツボ治療、催眠療法なども、
心を落ち着けて緊張感を解きほぐしたり、自信をつけたりするものが多くを占めます。

 

こうした主流となっている治療法からみても、
どもりは精神的な要因によるものだといえるのではないでしょうか?

 

どもりは気にすると、余計にどもりが酷くなるという事も知られています。
そのため、どもりに対する考え方を変えるところから始めるプログラムなどもネット上で販売されているようです。

 

⇒全額返金保障付きのどもり治療プログラムはこちら

 

どもりに悩む